慢性胃炎の原因と症状を改善【治療法と治し方】

慢性胃炎の概要

慢性胃炎というのは、常に胃になんらかの不快感があり、胃もたれや食欲不振
などを起こす状態なのですが、中にはまったく何も自覚症状がない場合もあり
よくわかっていない病気でもあります。

 

それでも日本人にはとても多く見られる症状で、昔は年齢が進むとそれに伴って
現れてくる現象だと思われていました。

 

胃は非常に強い塩酸で満たされており、食べ物自体も胃粘膜を障害する可能性
があるため、加齢によって胃粘膜はだんだん荒らされていくのが自然の摂理
と思われていたわけです。

 

それでも1982年にピロリ菌が発見され、慢性胃炎の原因はピロリ菌への長期
感染だと言われるようになり、慢性胃炎も随分と考え方が変わりました。

 

実際にピロリ菌に感染していない人の胃は70歳以上でも綺麗な胃粘膜を保って
おり、加齢が慢性胃炎には影響を与えないことが明らかになってきました。

 

ただ、ピロリ菌がどのようなメカニズムで慢性胃炎の炎症を起こすのかが
わかっておらず、病気そのものの解明にはまだ至っていません。

 

慢性胃炎は医学的にみて表層性(ひょうそうせい)胃炎、びらん性胃炎、
萎縮性(いしゅくせい)胃炎、肥厚性(ひこうせい)胃炎に分けられ、
それぞれに合わせた対処療法が行われています。

 

一番多いのは萎縮性胃炎と言われていますが、この他にも最近、胃粘膜に
何の異常も見られないにも関わらず、慢性的に胃の不快感を引き起こすNUD
(Non-ulcer Dyspepsia)という症状も報告されています。